2010年05月19日

うぃっきゅうさん

和尚「うぃっきゅうや、ここにあったあんころもちを知らんか?」

うぃっきゅう「あんころもひというのは、あんこのふいたもひでごらいまふか?ごくん」

和尚「いま呑み込んだやつじゃ」


うぃっきゅう「知りませなんだ」


和尚「まっまさかっ。そのあんころもちは、ネズミ退治のために、毒が入っておったのじゃっ!」


うぃっきゅう「げげっ!ネズミだって!げげっ」


和尚「そっちでなく毒を心配せよ」


うぃっきゅう「いやだー死にたくないよー、和尚のひとごろしー、みんなお前の陰口言ってるぞー」


和尚「…うぃっきゅう、わし、今、ちょっと嘘ついた」


うぃっきゅう「…わかっておりました、ご上人さま。今、狐がとりつきました」


和尚「陰口を言ってた者を白状しろ。さすれば解毒してしんぜよう」


うぃっきゅう「ちんねんや、ほうねんや、はっけいや、かんじょうや、さいけいを裏切ることはできません」


和尚「ところで毒は入っておらなんだ」


うぃっきゅう「和尚、地獄、下見しとくか?」

posted by 何丸 at 20:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

悪魔と取引き

男「彼女と付き合えるなら、なんでもします」


悪魔「二言はないな」

男「のような気がします」


悪魔「付き合えるかわりに、お前の鼻の穴、3つね」


男「え〜っ、旧型インプレッサ的な?」


悪魔「それか、耳の位置がミッキーの場所」

男「形は?」


悪魔「今のまま」


男「え〜っ、盛って隠せるかなあ」


悪魔「隠したら、鼻の穴3つ」


男「えー。他には?」


悪魔「じゃ、頭の髪の毛が一本」


男「波平的な?」


悪魔「生えてるやつ全部で」


男「極太すぎ。抜け毛一発」


悪魔「じゃ、全部の語尾が『ぷっちょ』」

男「やだぷっちょ」


悪魔「一生、ちんすこう以外のスイーツ禁止」


男「微妙な情けのかけかたたなあ」


悪魔「引越す先々ぜんぶ隣がゴミ屋敷」


男「あー、そうきたか〜」


悪魔「じゃ、しょうがない。『おでこにみっしり毛が生えてる』でいいよ」


男「まあ、それかな」


悪魔「眉毛の場所だけツルツル」


男「せっかく決まりかけたのにー」
人気ブログランキング投票

posted by 何丸 at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

スマッパ『この世界でいちばんの花』

公園のベンチに腰かけて
いろんな人を見ていた
ひとそれぞれ好みはあるけど
どれもみんな反吐が出る


この中で誰が一番だなんて
争い事しかしないで
バケツの中をひっくりかえし
しゃんと胸を張ってやろう


それなのに僕という人間は
どうしてこうもへりくだる
一人ひとり違うその中で
いちばんにへりくだる?


そうさ僕らは
この世界でいちばんの花
一人ひとり寂しさもあるのに
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいいのか?


困ったように笑いながら
警察に通報している人がいる
頑張って咲いた僕の心は
見えないんだから仕方ないね


やっと署から出てきた
その僕が抱えていた
ひとしきりの寂しさと
失ったものの大きさと


名前も知られてなかったけれど
あの日僕が笑顔でいれた
誰も気づかないようなときに
笑っていられた頃のように


そうさ僕らは
この世界でいちばんの花
一人ひとり寂しさはあるのに
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいいのか?


posted by 何丸 at 16:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

ヴィジュアル系子どもバンド



「遠い足」


暗闇の中で 冴え渡る マイ・アイズ
やがて来るトゥモロウ 胸が高鳴る
OH! 俺は歌えるのか レクリエイション イン ザ バス
OH!  スイーツに飽きたお前に、ジャガリコ フォー ユー
今日だけは、バナナもおかずさ


※ ザ スカイ イズ シアンブルー
  お前の上に 雨は降らせない
  でも近づけない ウォーキング
甘くないのさ ボトルの中も


定められた グループは ソー バッド
誰も口をきけない ロンリネス
OH! 景色が遠い マイ アイル シート 
OH! 気がつけば俺の手に オール バゲイジ 
マイセルフも、お荷物さ


揺れる体に こみあげる サワー
取り出すぜ バッグ イン バッグ
OH! 役に立たない レインウエア イン ザ ポケット
OH! みやげ勇者に ふさわしい ウッド ソード
家に帰るまでは、ノー リラクゼイション


※くりかえし
posted by 何丸 at 14:41| 何丸ソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

「うそんこ旅行案内 〜札幌編〜」

国内旅行なら、何海道に行きたいですか?そうですね、北海道ですね。東海道もある?あっち行ってください。北海道の首都は札幌です。札幌の街並みは、タテヨコナナメの道路が整然と並び、街の中心に雪祭り広場があります。北海道は、夏でも平均気温が−5度なので、冬は雪祭り、夏は氷祭りです。夏には陸上自衛隊が高さ12メートルのカキ氷をつくって市民に配るのが恒例です。今年はブルーハワイだそうです。

有名な時計台は、実際に行ってみると非常に巨大で驚きます。時計の直径は80メートルあり、時計の針が一周するのに、約18時間かかります。北海道大学には、有名なクラーク博士の像があり、そこには「少年老いやすく学なりがたし」と刻まれています。お昼には、ビール園で、ジンギスカン鍋を楽しみましょう。ジンギスカン鍋とは、ジンギスと呼ばれる缶をタテ半分に切ったものを鍋がわりとし、鮭を丸ごと豪快に野菜といっしょに焼いて味噌で味付けするもので、北海道では、何かあるごとにジンギスカン鍋を囲みます。クリスマスも誕生日も正月もクリスマスもひな祭りもクリスマスもジンギスカンです。ごくまれに羊の肉を代用する場合もあります。
 
もうひとつ有名な食べ物は、札幌ラーメンです。これは知られていないのですが、ラーメンはもともと札幌が発祥の地なのです。あるとき、札幌の街を作ったサホロさんが、味噌煮込みうどんを作ろうとして、間違って鶏がらでスープをとってしまい、その上、かんすいを使ってしまった麺をたまたまそのスープの中に落とし、転んだ拍子に偶然もやしとコーンとバターが上に乗ってしまったのが始まり、と言われています。

 札幌は、野球などの冬のスポーツが盛んで、立派なスキーのジャンプ台などがそろっています。いつか、冬季オリンピックを誘致する。これが、市民の願いです。

街はずれは「すすき野」という、何も無いすすきばかりのさみしい野原ですが、秋には黄金色のすすきがたなびきます。ここには、終末の世界を救う人物をあらわすものとして、「そのもの青き衣をまといて金色の野におりたつべし」という古くからの言い伝えが残っています。青き衣をまとった人とは、おそらく、オアキでスーツを買った人だろう、と言われています。


posted by 何丸 at 13:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

ういっきゅうさん

上人「ういっきゅう。そちは、今日まで厳しい修行によく耐えた。一人前と認める証に新しい名をつけてしんぜよう」



ういっきゅう「ありがたきアリババ」



仙人「雲のように柔らかな心と、固い意志とを併せ持ったそなたは、今後末永く『雲固』と名乗るがよい」



ういっきゅう「あっ、いやっ、その、私はまだ未熟にて、それほど固くございませんので変えて下さい」



上人「では、そのしっかりと地に根を張った謙虚さをもって『雲地』とするがよい」



ういっきゅう「えっ。いや、私はこざかしく動きまわるばかりでございますので」



上人「では、そのたけたる知をもって『雲知』とするがよい』



ういっきゅう「どうか雲のほうをご容赦ください…祥弁上人」



上人「では、その珍しき固辞をもって…」



ういっきゅう「本気だな、テメー」
posted by 何丸 at 09:53| うぃっきゅうさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

前科

警部「クシで髪をとかしてるおまわりさんは何してる中かぁ?」


刑事「そんなことより警部、前科のある容疑者が浮かびあがりました」


警部「でかした。デカだけに」


刑事「まず、窃盗の前科がある瀬戸」


警部「ふむ」


刑事「強盗の前科がある後藤」


警部「ふむふむ」


刑事「詐偽の前科のある佐木」


警部「ふむふむふむ」

刑事「ストーカーの須戸岡」


警部「ふむふむふむふむ!」


刑事「器物損壊の前科のある…」


警部「木部津!」


刑事「はぁ?なんすか、それ?」


警部「武尊海!」


刑事「そんな名前ないでしょうよ。外国人です」


警部「ギブソン!」






刑事「いいえ。名前はジェンカです」




警部「そっちかっ!!」
posted by 何丸 at 22:02| 単発コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

子どもオフ

親「あのう・・・」



店員「こどもoffへようこそ。こどもをお売りいただけるのですか?」



親「あ、はい」



店員「ありがとうございます。では、こちらのほうへご記入ください」



親「あ、はい」



店員「見積りが終わりましたら、こちらの番号でおよびします。番号フダをお持ちになって、店内をご覧になってお待ちください」



親「は、はい」



店員「17番のお客様、見積りが終了しましたのでカウンターまで起こしください!」



親「はい。17です。早いですね」



店員「本日はこどもoffにこどもをお売りくださってありがとうございます。見積りが出まして、このようになっております。


あいにく、お持込いただいた子どもは、@理屈っぽくて、A下手に出ると思い上がって、B不機嫌になると口数が少なくなって、C自分に他人を見る目があると勘違いしていて、D髪型ばかり気にする割にスキンケアがおろそかですので、お値段のほうがつかなくなっております」



親「そうでしたかー」




店員「どうしましょうか、お持ち帰りになりますか?」




親「いいです。ただで引き取ってください」



店員「わかりました。私どもで処分させていただきます」



親「よろしくお願いします」



店員「あの、こちらの子どもをお入れくださっていた紙袋のほうはどうなさいますか?」







親「あ、それは要ります」


posted by 何丸 at 15:33| 単発コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

新訳厳流島

小次郎「おそいー、むさぴーん」


武蔵「はい、こじぴーの負けー」


小次郎「なんでナリか?」


武蔵「鞘捨てるとかマジありえないし」


小次郎「うーるさいー。いいんですうー。それより、ソッコー始めたいんですケドー」


武蔵「どっからでもいいっつーか、もう準備オッケなんスけど」


小次郎「むさぴん、それ船のこぐやつじゃーん」


武蔵「これ、兵法っつーわけ」


小次郎「むさぴん、剣二本とか、いつもありえない卑怯で、どんだけ〜」


武蔵「こじぴーも、剣5メートルだし、いかほど〜」


小次郎「5メートルってありえないんですけど。さすが底辺校って感じなんですけど〜」

武蔵「えいっ」


小次郎「いーたーい〜!」
posted by 何丸 at 19:15| 単発コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

爆弾

警部「おしっこをガマンしてた人を殴ったら何罪かあ〜?」


刑事「そんなことより警部、爆弾が爆発するまで時間がありません!!」


警部「導火線をどうかせんと…」


刑事「氏ね。コードの赤と青、どっちを切ればいいでしょうかっ!」

警部「赤」


刑事「はい。ぶちっ」

警部「…と青どっちにしよか…って言う途中だったのにい〜」


刑事「わわわっ!切っちゃったよー!!」


警部「慌てるでない。私を見習って落ち着け」

刑事「だって警部、本部にいるじゃないですかあ!事件は現場で起きてるんすよ!」


警部「でも赤切って良かっただろ?」


刑事「当然青切りました」


警部「青島くぅーん!!」


刑事「名前違いますけど」
posted by 何丸 at 21:44| 単発コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。