2008年01月09日

密輸団

警部「不思議の国で留守に忍び込む泥棒はなあ〜んだ?」


刑事「そんなことより警部、インターポールからフランス人密輸団のリストを入手しました」


警部「でかした。デカだけに。名前は?」


刑事「主犯格のサザウェイ」


警部「ふむ」


刑事「パートナーのマシュウ・O」


警部「ふむふむ」


刑事「弟分のカトゥー・O」


警部「ふむふむふむ」

刑事「息子のタラー・O」


警部「ふむふむふむふむ」


刑事「妹分の…」


警部「ワッカメイ!」

刑事「違います」


警部「ワキャメー!」

刑事「なんすか、それ?」


警部「ワクワムェイ!!」


刑事「違いますってば」


警部「フネー!」


刑事「おっ、当たり!すごい」


警部「ちがーう!妹じゃなーい!」
posted by 何丸 at 21:51| 単発コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

ジョージ&フレッド

ジョージ「ちょうしはどうだい、フレッド?」

フレッド「銚子は灯台だろ、ジョージ」


ジョージ「ちげえねえ。実はまたスーザンの話なんだが、聞いてくれるかい?良かったら、だが」


フレッド「ウォーター臭いぜ、ジョージ。あたりきしゃりきのコンコンティキよ」


ジョージ「実は、スーザンが、クォーターバックのハマーの奴にお熱になっちまってよ」


フレッド「そいつぁイッツ・ナット穏やか、だな」


ジョージ「こちとらもともと岡惚れの身の上、とやかく言えた義理もねえんだが」


フレッド「惚れた弱味がジ・エンド・オブ・デスティニーだな」


ジョージ「卒業パーティーはスーザンとしか行く気がしねえ」


フレッド「よし、ここは俺に任せろ。ラージシップに乗った気分でいろ」


ジョージ「おいおい、手荒な真似は困るぞ」

フレッド「なにもニューヨークの仇をフロリダで打とうってワケじゃねえや。いいか、スーザンみてえな女はな、ハマーのチキンなとこを見せりゃワンハンドレッドイヤーの恋も一瞬よ」


ジョージ「タッチダウンの前にクールダウン、ってことかい?」


フレッド「ユー・ジャスト・セイ・うめぇこと」
posted by 何丸 at 09:36| 単発コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

ご長寿インタビュー

記者「115才のご長寿おめでとうございます」

ご長寿「いってきます」

記者「ご長寿の秘訣はなんですか?」


ご長寿「た、げほっ、た、げほげほっ、たばこです」


記者「大丈夫ですか?やはり田舎はいいですか?」


ご長寿「く、ゼーゼー、空気が、くっ、空気がおいしっ、からいいです」


記者「好きな食べ物はなんですか?」


ご長寿「いろいろです。ご飯に醤油かけたり、豆腐に醤油かけたり、魚に醤油かけたり、お皿に醤油かけたり…」


記者「醤油、ですね?」


ご長寿「うまさの秘訣は醤油がミソ」


記者「うざっ。好きな女性のタイプはやはり年上の女性ですか?」

ご長寿「いやいや。僕なんて相手にしてもらえませんて」


記者「赤くなっても無駄ですよ。テレビは見ますか?」


ご長寿「ここ100年は見てません」


記者「100年前はテレビありませんよ」


ご長寿「そんなの関係ねぇ〜」


記者「見てんだろ。ここにあるよ。周りがみんな亡くなって寂しいでしょう?」


ご長寿「好きな命日は15日です」

posted by 何丸 at 09:26| 突撃レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

エレベーター

女「きゃあ!」




男「どうやらエレベーターに閉じ込められてしまったようだ」




女「ど、どうしよう。携帯忘れてきたし…」




男「大丈夫です。僕なんかもともと持ってませんから」




女「非常呼び出しボタンだわ。あれ?何?壊れてるぅ!信じられなーい!ねえ?」




男「あ、大丈夫です。僕、信じられてますから」





女「どうしよう。このまま助けがこなかったら…」





男「大変なことになりますよ」





女「脅かさないでよ」





男「実は僕、さっきまでビヤガーデンにいたんですよ」





女「なんで年末にビヤガーデン?」




男「このビルのは年中無休なんです」





女「で、何が大変なの?」





男「生ジョッキを五杯ほどやりまして」




女「お酒の匂いなら平気よ」




男「下の階のトイレに行くところでして」





女「いやっ!ぺ、ペットボトルとか持ってないの?」




男「ビール飲みにきたんですよ」





女「やだあっっ!!」




男「ところでお姉さんのそのバッグ、素敵ですね」





女「ヴィトンですけど」


















男「それ、防水ですよね」





女「いやああああ!」
posted by 何丸 at 09:19| 単発コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

殺人現場

警 部 「警部会のメンバーはみんなヒゲが濃いのはなーんでだ?」




刑 事 「そんなことより警部、この台所の壁に書かれたガイシャのメッセージを見てください!」




警 部 「ダイニング・メッセージか・・・」




刑 事 「ちょっと違う。『ハンニンハタナカダ』と書いてあります!」




警 部 「容疑者の名前は?」




刑 事 「ガイシャの親友の田中」




警 部 「そいつだ!」




刑 事 「ガイシャに借金をしていた畑中」




警 部 「やっぱり、そいつだ!」




刑 事 「ガイシャが二股をかけていた羽田と中田」




警 部 「そいつらだ!!」




刑 事 「ガイシャの上司だった田中田」




警 部 「そいつでもいいや」




刑 事 「ガイシャを恨んでいて殺すと発言していた畠中田」




警 部 「そいつかも」




















刑 事 「ガイシャの韓国語教師、ハン・ニンハ」




警 部 「・・・自殺だな」


posted by 何丸 at 13:53| 単発コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

無題

母「飴は?」

太郎「夜更け過ぎに?」

母「由紀恵と代わる、太郎」

太郎「んー?サイレン?」

母「無い」

太郎「堀、いない?」
母「切っとき。美和子な」

太郎「いい。一人きりのクリスマスイブ…んー?サイレン?」

母「無い」

太郎「堀いない?」
posted by 何丸 at 11:23| 単発コント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

けんちゃんしょうちゃん

けんちゃん「しょうーちゃん、学校いきましょ!」


しょうちゃん「やら。いからいよ」


けんちゃん「おともだちが待ってるよ!」


しょうちゃん「おともだちじゃないもんね」


けんちゃん「クリスマスの劇の練習はじまるよ」


しょうちゃん「やだね、あんな役」


けんちゃん「トナカイは主役だよ!」


しょうちゃん「トナカイの『鼻』の役じゃんか」


けんちゃん「主役中の主役だよ!」



しょうちゃん「いつもみんなの笑いものだね」


けんちゃん「…でも、その年のクリスマスの日…」


しょうちゃん「サンタのおじいさんは…?」



けんちゃん「♪言いました〜!」


けんちゃんしょうちゃん「♪暗い夜道はピカピかの〜」


けんちゃん「♪お前の鼻が?」



しょうちゃん「♪やっくっにったつうーのさ!!」







けんちゃん「(毎朝これだもんな…)」
posted by 何丸 at 09:19| けんちゃん・しょうちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

ピノキオの日記

このまい、クラスでディズニーシーに行って、


楽しく暗くなるまで遊んだ


…みんなと、ばったり会いますた。


「ぴのきよに声かけるのわすれてたよー」とゆわれますたのでゆるしますた。


「おまえ、ディズニーランドにいるだろ、いつも?」とゆわれますた。あれは、べつのぴのきよです。


「じゃ、こんど、ディズニーランドにいこよ!」とぼくがゆったら、みんな「いこういこう!」とゆいますた。
今日の朝八時にゲートでまちあわしますた。




いま、ディズニーランドでは、すばらしい夜のハロウィンパレードがやっています。





みんな、おそいなあ。



早くこないと、






ぼくのハロウィンがはじまっちゃうよ。


ぴのきよ
posted by 何丸 at 21:03| ピノキオの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

うぃっきゅうさん

和 尚    「うぃっきゅうや、こっちにおいで」

うぃっきゅう 「真ん中を歩いてまいりました」

和 尚    「うぃっきゅう、じつはな、お前は天皇さまの子どもなのじゃ」

うぃっきゅう 「おしょう、頭が高い」

和 尚    「そうじゃな。本来であれば、土下座をするとこじゃな。

しかし、天皇さまは、お前を宮廷には迎えぬそうじゃ」

うぃっきゅう 「そ、そうでしたか」

和 尚    「お前に、宮廷は似合わぬ」

うぃっきゅう 「キューティーハニー?」

和 尚    「言っておらん。お前は、わしのところにおれ。

わしが、お前の親のかわりじゃ」

うぃっきゅう 「おしょー!」

和 尚    「さっ」

うぃっきゅう 「おしょー!」

和 尚    「ささっ」

ういっきゅう 「おしょーっっっ」

和 尚    「さっ。うぃっきゅう、そういう気持ちワルイことはやめよ」

うぃっきゅう 「和尚さまは、私の親ではありませんか!」

和 尚    「それは、ムリ」

うぃっきゅう 「くそー」

和 尚    「ここに、天皇家からの手紙がある。お前宛じゃ」

うぃっきゅう 「・・・というわけで、宮廷には迎えられません。

そのかわり、

毎年金50両を・・・」









和 尚    「うぃっきゅうやー!!!!」

うぃっきゅう 「ささっ」


posted by 何丸 at 07:51| うぃっきゅうさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

ピノキオの夏休み日記2

8月28日

目印から日没方向にアタックするも、

磁場の影響で手製のコンパスが役立たず、

かなり南寄りになってしまったようだ。植物の様子から、

今私がいる場所が南斜面であることがわかる。

なぜ分かるのか。

どうやら、私の杉でできた脳の中には、ヒノキの脳があるらしく、
ピンチになると動き始めるようだ。それが昨日のことだ。
持ち物から察するに
私は一ヶ月以上も樹海をさまよっていたらしい。

私は誓う。あのクラスメイトと呼ぶのもおぞましい奴らに血の復讐を。

おっ、左腕が勝手に開いた。これはGPSではないか。

あっ、背中から翼が!
何っ?!脇腹に小型ジェットエンジンがっ!
おー!離陸だ!

なんと快適な空の旅だ。

ん?腹にスプレーペイントされた部分があるぞ。

「中華なんとか」って書いてあるな。

ま、いっか。





というやつが日記に書いてありますたが、


かん字がおおくていみがわかりませんですた。

ぢめんにおちたときのケガで、あたまがわれるようにいたいです。


ちがいますた。





われてますた。


ぴのきよ
posted by 何丸 at 19:05| ピノキオの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。